ごくうだよ~~
2匹のワンコの生活と北国の花便り
若いころ
5日の夜9時過ぎに 帰宅しようと外に出たら20Cm位雪が積もっていた
長ぐつなんか持ってきていないし 仕方なく革靴のままで車の雪払い
すっぽり足が埋まっていたけど 隙間がないので靴の中には殆ど雪は入らなかった
002_20140207093533a94.jpg

いつも 車に長ぐつを積んでおかないとダメかなあ
たいていは街中しか走らないので 防寒服もあまり着ないし
006_20140207093555040.jpg

去年 道東の寒村地で猛吹雪のために車が埋まり 一日で数名の人が亡くなった
それを見ていて 車には常に非常用の準備をしておかなくてはいけないなと思ったものだ
003_20140207093609946.jpg

でも 街の中に住んでいると 郊外とは違ってそんな危険を感じられないのが現状です
011_201402070936219eb.jpg

若いころ 仕事で雪の中を数キロ進み 目的の所からUターンして帰ろうとしたら体が急にいうことをきかなくなった
三人でやっていたので 二人に機材などを渡して先に帰らせ 手ぶらで歩いたのだが100mも歩くと
疲れのために心臓がバクバクして歩けなくなった 仕方がないので雪の上に寝転がって休んだ
結構時間がたって動悸が治まるとまた歩き始めたのだが やっぱり100メートルも進めないでダウン
何度も同じことの繰り返し そして休んでいる時間が長いので そのうちに暗くなってしまった
休むたびに雪の上で大の字になっていたので 防寒服はすっかり濡れている
でも疲れのためなのか 寒さは何も感じなかった
星空を見あげながら 冬山で遭難するのってこんな感じなのかなあ って思った
やっと車2.3台のライトが見えるようになったけど やはりいくらも進めないのでなかなか近付けなかった
そして 車の近くまで来たら数名が迎えに来て 車の中へ運び込まれた
とたんに寒気がした
暖かい車の中に入ったとたんに 全身濡れているのを感じたのだった

風邪をひくでもなく 翌日は普通に仕事をした 
今考えたら 何でみんなはもっと早く迎えに来なかったのだろう って思う
普通なら暗くなった段階で探すだろう  薄情なやつらだね
私が待っている立場だったら 心配ですぐに向かったはずだけどなあ

それにしても 何が原因で動けなくなったのかは 今でも分からない 
009_20140207093636e02.jpg
 

何かで読んだが 救急車がきても横断歩道でよけようともしない女子高生がいたと
教習所では車の優先権を教えるけど 人にはどこで教えるのだろう
そんなことは一般常識だと思うけど それを考えない人間がいるというのが悲しい  
017_20140207093648707.jpg


押してねー
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
この記事に対するコメント
生きてて、良かった。
脳貧血気味だった?放置されなくて良かったですね!
【2014/02/08 00:31】 URL | れら #- [ 編集]


れら 様
まだ30代の若いころのことですけどね
体力は他の人よりあったはずなのに
何で 急にそうなったのかなあ
【2014/02/08 13:42】 URL | ごくうパパ #- [ 編集]


私も同じような経験があるわ
それにしても、自動車学校では何を教えてるのかな?
【2014/02/08 13:57】 URL | みゆきん #- [ 編集]


みゆきん様
一般常識って 自然に学ぶことだと思うんだけどね
他人のことを考えない人が多くなったということなんだろうけど 日本人の良さ がだんだん無くなっていく感じがします
【2014/02/08 15:28】 URL | ごくうパパ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://go9.blog45.fc2.com/tb.php/1238-2a83e314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ごくうパパ

Author:ごくうパパ
ごくう キャバリア 2002.04.20生まれ  
ペットショップの売残りで5ヵ月で我が家へ  
CDX 
トレーニングチャンピオン  
現在セラピー犬として活動中



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



フリーエリア

cool dog site of the clay japan 2010年11月29日受賞



検索フォーム